眼瞼下垂

眼瞼下垂症

生まれつき、または、加齢・ハードコンタクト・こすりすぎなどが原因で、まぶたが上がりにくくなる症状を眼瞼下垂症といいます。

加齢による眼瞼下垂症は早い方で30代から始まると言われており、頻度は少なくありませんが、それを病気だと気づいてない方もいらっしゃいます。

まぶたを上げるスジ(眼瞼挙筋)が効かなくなると、それを補うために眉毛が上がり始め、額から頭、肩に繋がる筋肉が緊張し、頭痛や肩凝りなどの症状が現れます。

また、眼瞼挙筋の機能が比較的保たれていても、皮膚がたるんで視野を妨げている場合があります。

治療法

二重のラインを切開して、緩んだスジを、元の位置に戻して固定します。

皮膚の余剰がある場合はそれを切除します。