しみ・そばかす

しみ・そばかす

しみの中でも、境界が明瞭で大小円形の老人性色素斑や、遺伝性があって幼少時から存在するそばかす(雀卵斑)は、照射系施術への反応が比較的高く、当院では光治療かQスイッチレーザーをお勧めしています。

それぞれの特徴は表の通りです。

施術紹介

メリット  デメリット
Qスイッチルビーレーザー 深い病変まで届くので治療効果が高い

一度治療したら再発しにくい

7~10日テーピングが必要

50%の確率で3~6ヶ月色素沈着の可能性がある

光治療 テープを貼る必要がなく、化粧も可能

色素沈着のリスク少ない

肌のハリツヤ・化粧乗り・毛穴の改善など美肌効果がある

深い病変には効きにくく複数回の治療が必要になることもある

翌日から1週間ほどかさぶたが出来ることがある